Optoma NuForce Support Center

Bluetoothの感度に影響する要因

Bluetoothは短距離のワイヤレス技術であり、金属、壁、電子レンジ(これらに限定されない)などの装置による干渉を受けます。またBluetoothで使用する2.4GHzの周波数は一部のWi-Fiも使用するため、通信速度が遅くなることもあります。Bluetoothは国際規格となっているものの、上記の技術的な問題は依然未解決です。

完全ワイヤレスイヤホンの接続は、単にイヤホンと信号送信装置間の信号伝達だけでなく、主・副イヤホン間にもワイヤレス接続が存在します。完全ワイヤレスBluetoothイヤホンを使用する際、主イヤホンを左耳に装着するならば、Bluetooth信号の障害を減らすため音源装置(携帯電話など)を左側に装着するようお勧めします。

Bluetoothイヤホンの接続の良し悪しは、イヤホンが接続するBluetooth装置、通信環境、使用環境に依存します。イヤホンの音が途切れる場合、以下の情報を参考に、干渉の原因を取り除いてください。

  • イヤホンとBluetooth装置の間に人間、金属、壁などの障害物がないか。
  • イヤホンの近くに使用中のWi-Fi装置がないか。
  • イヤホンの近くに使用中の電子レンジがないか。
  • イヤホンの近くに電磁波を発する使用中の装置がないか。
  • イヤホンとBluetooth装置間の距離が10m以上ないか。

お問い合わせ

SERVICE INFORMATION

日本語