Optoma NuForce Support Center

Bluetoothイヤホンの防水機能

自分のイヤホンに防水機能があるかどうかを確かめるためには、製品規格のIP保護等級Ingress Protection Ratingの有無を確認します。IP保護等級(Ingress Protection Ratingは侵入への保護等級(Ingress Protection Rating)またはIPコード(他にも「防水等級」「防塵等級」など)とも呼ばれています。IPコードの一桁目の数字は防塵係数を、二桁目の数字は防水係数を表わしています。

防水等級IPX5に適合するNuForceイヤホンは、撥水および耐水機能を有しており、イヤホン内部に湿気が入り故障の原因となることを防ぎます。しかし、撥水・耐水機能も永久的なものではなく、日常の使用とともに消耗し、効果は減少していきます。したがって、液体による破損は品質保証の対象とはなっていません。

(一)液体による破損を防ぐためには、以下の行為を避けてください

  • イヤホンを装着したまま水泳する、またはシャワーを浴びる。
  • イヤホンを加圧した、または高速の水流にさらす。例:シャワー、ウォータースライダー、水上スキー、サーフィン、水上オートバイなど。
  • サウナやスチームルームでイヤホンを使用する。
  • 故意にイヤホンを水に入れる。
  • 提案使用温度を超える、または湿度が異常に高い環境でイヤホンを使用する。
  • イヤホンを落とす、または他の衝撃を与える。
  • イヤホンを分解する(ネジを外すことも含む)

イヤホンのUSB充電部のカバーをしっかりと締めないと、水などの異物がイヤホン内部に入ることがあります。

(二)防水の対象となる液体

防水性能が適用される対象は淡水と水道水です。以下の液体は防水対象外となります。石鹸水、洗浄剤を入れた溶液、ボディーソープなどを入れた溶液、シャンプー、温泉水、プールの水、海水、石鹸水、洗浄剤、塩水、香水、防虫剤、乳液、日焼け止めローション、油、脱ガム剤、染毛料、溶剤など。

(三)Micro-USB接続ポートのカバーは防水性能を保持するために非常に重要となります。イヤホン使用時には、Micro-USB接続ポートのカバーがしっかり閉まっていることを確認してください。カバーに異物などが挟まり完全に閉まっていないと、防水性能を保持することはできません。

(四)イヤホンが液体に接触した場合、すべてのコードを抜き、完全に乾くまで充電しないでください。イヤホンが湿った状態で付属品を使用したり充電したりすると、イヤホンが破損する可能性があります。

(五)完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの付属品である充電ケース(付属する場合)は防水設計になっていません。製品規格の言及する防水機能は、イヤホン本体のみです。

(六)イヤホンを付けて運動した後、汗を拭き取らないでおくと、汗に含まれる塩分がイヤホンの寿命に影響することがあります。運動後、清潔な布で汗などを拭きとることをお勧めします。

お問い合わせ

SERVICE INFORMATION

日本語