業界
観光旅行

領域
新北市、台湾

解決策のタイプ

  • A25短焦点レンズを搭載ZU1050プロジェクター x3

設置会社
InWheel (英飛輪)

「Optomaの迅速で完全なサービスに非常に満足しており、今後も提携していきたいと思っています。専門的技術を備え、コミュニケーションも非常にスムーズなので、Optomaとは安心して提携することができます」- InWheel

バーチャルリアリティプロジェクションで台湾北海岸の美しさを発見

白沙湾ビジターセンターシアター

導入

交通部観光局北海岸・観音山国家風景区の白沙湾ビジター センターは、改装を経て、2022年11月に正式にオープンします。新しく設立された白沙湾ビジターセンターでは、インタラクティブデバイスが多数設置され、豊富な知識を網羅したガイドコンテンツが快活でわかりやすいインタラクティブテーマを提供し、あらゆる年齢層のビジターに多元的なヴィジュアルで白沙湾ビジターセンターにアクセスし、北海岸の生態の美しさを発掘していただけるようガイドします。

 

挑戦

今回、白沙湾ビジターセンターでは、Optoma、そして以前に提携したInWheelチームと再びダッグを組み、台湾の美しさを紹介するパフォーマンスシアターを構築しました。

視聴者に没入型視聴体験を提供するという北海岸・観音山国家風景区の要望に応えて、今回、白沙湾ビジターセンターシアターは、幅広い用途と柔軟な調整力を備えたプロジェクターと共に、大型曲面スクリーンの使用を選択しました。9K Ultra HDバーチャルリアリティ動画を最適に提示し、非常に限られた空間で大規模かつ高品質の画像を映し出すには、投影距離とレンズのマッチングを正確に判断する必要があります。

 

Optomaを選択すべき理由

白沙湾ビジターセンターシアターに適したプロジェクターを選択する際に最も重要な要素として、光源、輝度、色、コントラストなどがあります。これらは、動画、特に没入型バーチャルリアリティの投影プレゼンテーションに最も直接的に影響を与える要素です。Optomaとの提携におけるInfineonの経験に基づき、Optomaは、製品の品質とコンサルティング・支援を提供する効率の両面において、信頼できるパートナーです。

ソリューション

シアターの空間プランニングと制限についての考慮を経て、A25短焦点レンズを搭載したOptomaのZU1050高輝度デュアルレーザーフラグシッププロジェクトプロジェクターがこのケースに最適と判断されました。

ZU1050は、高輝度10,000ルーメンのWUXGAフラッグシッププロジェクトプロジェクターです。業界独自のMCL複合レーザー光源技術により、高輝度を維持しながら、より広い色域を提供することができます。

ZU1050はまた、Optomaの革新的なDuraCoreテクノロジーを採用し、耐用時間が20,000時間を超える次世代レーザー光源を搭載しており、高い安定性、信頼性、そして低メンテナンス コストを保証します。

ZU1050の設計は、360度プロジェクションと垂直プロジェクション、24 時間 365日稼働の安定操作機能、6種類の交換可能なプロフェッショナルプロジェクトレンズの選択などにより、今回のケースのインストールの課題とニーズを完全に満たすことができます。

Optomaチームは、レンズのテスト・交換、レンズとプロジェクターの配置・設置を支援する非常に効率的なサービスを提供しました。InWheelがプロジェクターの作業計画をスケジュール通りに達成できるようサポートしました。

 

結果

InWheelは、白沙湾・観音山風景区の観光の特色を促進し、北海岸の観光宣伝効果を高めるために、360度バーチャルリアリティ動画撮影の専門技術を活用して、北海岸・観音山の風景、人文産業、宗教、生態、観光名所を撮影しました。

白砂湾ビジターセンターのために特別に計画された9K Ultra HD円形シアターには、専用の再生装置システムが装備されており、革新的な動画とバーチャルリアリティ技術、Optoma独自の投影技術を組み合わせて、高品質の360度動画を最高の方法で、世界各地からの観光客に没入型映像の視聴体験を提供します。

 

設備リスト

  • A25短焦点レンズを搭載したOptoma ZU1050高輝度デュアルレーザーフラグシッププロジェクトプロジェクター3台。