レーザ技術

Optomaは、従来のランプベースのモデルを上回る主な利点を提供する、幅広いプロフェッショナルレーザープロジェクターを擁護しています。

その結果、レーザープロジェクターはますますプロフェッショナル用途の光源になりつつあります。 レーザー蛍光体プロジェクターは長寿命でメンテナンスが少ないため、会議室、教室、小売環境、美術館、娯楽施設などの用途が限られている場所や設置場所が限られています。

  • なぜレーザーを選ぶの?

    レーザープロジェクターの主な利点

    • 最小限のメンテナンス
    • ランプ交換なし
    • インスタント電源オン/オフ
    • 多彩なインストール
    • 高い明るさとコントラスト
    • 優れた色再現
    • 一定の明るさ
  • レーザー蛍光体とは

    レーザー蛍光体は、DLPチップを照らすためにランプの代わりに青色レーザーダイオードを光源として使用するランプレス照明技術です。

    レーザダイオードは、青色レーザ光を蛍光体ホイールに照射して黄色光を生成する一方、青色レーザ光は、蛍光体ホイールの開口部を直接通過し、次いでフィルタホイールの拡散窓を通過する。 黄色い光が対応する領域を通過すると、赤と緑の色が生成されます

    フィルターホイールのセクション。 これらの色はその後DLPチップに送られます。

    Optomaは、高い評価を得ている画質と比類のない信頼性のためにDLPテクノロジーを使用しています。 DLPチップは、解像度およびサイズが異なり得、800万を超えるマイクロミラーの長方形のアレイを含み得る。 これらの各マイクロミラーは、投影レンズを通って投影面上に光を反射し、画像を作り出す。

    表示される画像はコントラストが高く、ジャダーがなく、常に明るくなっています。 レーザー蛍光体プロジェクターの主な利点は、長寿命、24時間365日の操作能力、安定した信頼できる明るさ、最小限のメンテナンス、そして総所有コストの低さです。

  • MCLテクノロジーによる究極のカラーパフォーマンス

    OptomaのMCL(MultiColor Laser)テクノロジーは、正確な色再現と並外れた明るさのバランスを際立たせています。 赤色レーザーが光源に組み込まれているので、選択されたモデルは独自のMCL技術を採用しており、RECよりも広い範囲で生産することができます。 709は赤い色を定義しました、そして、イメージは明るさを犠牲にすることなくより鮮やかに生きています。

    より鮮やかで鮮やかな色

  • DuraCoreレーザー技術

    オプトマのDuraCoreレーザー設置プロジェクターは、一貫した高い明るさを維持しながら、あらゆる方向に設置されながら、年中無休24時間の連続動作で非常にリアルで豊かな画像を提供するように精密に設計されています。

    DuraCoreは、IP5XまたはIP6Xの独立した防塵認証を受けながら、フル輝度モードで最低20,000時間の動作を実現します。 作り付けの革新的なレーザーダイオード冷却技術で、プロジェクターはより効率的に動いて、より少ない電力を使い、そしてコンパクトで静かです。 この組み合わせは、実質的にメンテナンスなしでより長い寿命、典型的で一貫した高い明るさを保証する。

    DuraCoreレーザー技術の利点

    Optoma独自のDuraCoreは、業界最高レベルの光源寿命を提供し、フル輝度モードで最低2万時間の一貫した輝度、24時間365日の連続動作、および独立したIP防塵認証を提供します。

    独立したIPX防塵
    IP5XまたはIP6Xの防塵用として独自に認証されているため、投影された画像は設置された最初の日と同じくらい詳細なままです。 堅牢で信頼性が高く、20,000時間を超えても画質は低下しません。

    高度な冷却
    DuraCore技術は、光学エンジンの寿命を延ばす革新的な先進のレーザーダイオード冷却アーキテクチャを誇っています。 「高度な冷却」の図を参照してください。

    コンパクトで軽量
    より高い熱冷却効率は、コンパクトな軽量設計を可能にする。

    メンテナンスフリー
    実質的にメンテナンスが不要なので、総所有コストが大幅に削減されます。 ランプの交換、労力、およびダウンタイムがありません。

    多彩なインストール
    天井または床の再現を含め、垂直軸に沿って360度全域にわたって画像を投影できます。 プロジェクタは、デジタルサイネージなどの用途やスペースが限られた場所では、縦置きモードにすることもできます。

    24時間365日の連続運転
    24時間365日連続運転用に設計されています。 究極の信頼性を実現するために、業界で最も信頼性の高い、実績のあるコンポーネントのみが使用されています。

    静かな操作
    高度な冷却とエネルギー効率の高い設計により、非常に静かな運転が可能です。

    DuraCoreレーザーと従来のランププロジェクター

    DuraCoreレーザーは、独自にIP認証を受けた防塵光学エンジンを使用して精密に設計されています。 これにより、フル輝度モードで20,000時間を超える長寿命で信頼性が高くメンテナンスフリーの光源が保証されます。

    すべての光源は時間とともに減衰します。 フル輝度モードで20,000時間経過した後も、DuraCoreレーザーは依然として元の輝度の50%を提供します。 同等のランプベースのプロジェクターは、安定した明るさを維持できず、20,000時間以内に8倍のランプ交換を必要とします。 DuraCoreレーザープロジェクターはメンテナンスフリーで、内部には修理可能な部品やダストフィルターはなく、総所有コストを抑えることができます。