ネットワーキング

Optomaプロジェクターの大部分、特に設置用に設計されたものはRJ45ネットワークコネクターを持っています。 これにより、ネットワークを介して画像を制御、監視、送信することができます。

  • インスタントアクセス

    ネットワークに接続したら、WebブラウザのアドレスバーにプロジェクタのIPアドレスを入力するだけで、Optoma Webインタフェースを使用するだけで、ほんの数クリックでプロジェクタのあらゆる機能を制御できます。

    すべてのOptomaプロジェクターは、静的および動的IPアドレス(DHCP経由で割り当てられます)の両方をサポートします。

  • 高度なモニタリング

    CrestronRoomView®Expressソフトウェアは、PCからリモートで複数のプロジェクターを監視、管理、および制御するためのカスタム構成可能インターフェースを提供します。

    crestron.com/getroomviewからCrestronRoomView®ソフトウェアをダウンロードしてください。

    同時に最大250台のプロジェクターを管理します - プロジェクターをカテゴリーにグループ化し、それらを個別に制御します。 1つのウィンドウからすべてのユニットの電源、ランプ、エラー状態を即座に監視します。

    すべての問題について正しい担当者に通知するための自動電子メール警告を設定します。 緊急時には警告メッセージを画面に表示します。 教育およびビジネス環境の両方での大規模な設置に最適です。

    特定の時刻に自動的に電源をオン/オフするようにプロジェクターをスケジュールすることで、オーバーヘッドと消費電力を削減します。

    より高いレベルの自動化と制御を含む大規模なインストールのために、Crestron RoomView Server Editionは事実上制限なしに完全にカスタマイズ可能なプラットフォームを提供します。 「Crestron-Connected」であるRJ45ネットワーク接続を持つすべてのOptomaプロジェクターは、Crestron RoomViewの両方のエディションと完全に互換性があります。

  • 制御システム統合

    ExtronのIP Link、AMXダイナミックデバイスディスカバリ、PJ-Linkプロトコルをサポートしているため、どこにいてもプロジェクタのほぼすべての側面をネットワーク全体で制御できます。

    PJ-Linkは、複数の製造業者にまたがって通信インターフェースとプロトコルを統一するように設計された標準のコマンドセットで、新しい機器と交換した機器の両方を簡単に設置できます。

    ExtronおよびAMX制御システムはテキストベースのコマンドを使用してネットワーク上のデバイスと通信します。

    Optomaプロジェクターは、RS232とネットワーク制御の両方に同じ統一コードセットを使用して、プログラミング手順を簡素化し、現場で必要な時間を短縮します。

    あるいは、上級ユーザーはTelnetを使用してプロジェクターを制御および監視することができます。 Telnetを使用すると、ユーザーは自分のプロジェクターのコマンドラインインターフェイスにリモートで接続できるため、潜在的な問題のトラブルシューティングに最適です。

  • ネットワークプロジェクション

    高度なネットワークチップセットを使用すると、デスクトップをネットワーク経由でプロジェクタに送信できます。プロジェクタのWebインタフェースから無料のソフトウェアをダウンロードするだけで、チャート、数字、画像などの比較ができます。

    一対多

    無料のOptoma Presenterソフトウェアを使用して、デスクトップをネットワーク経由で最大8台のプロジェクタに同時にブロードキャストできます。

    多対一

    1つの画面に最大4台のコンピュータのデスクトップを同時に表示します。

    音声付きビデオ

    「Wireless Projection System」ソフトウェアを使用すると、音声付きのHDビデオをネットワーク経由でストリーミングして、毎回エキサイティングで魅力的なプレゼンテーションを作成できます。

関連商品