Optoma プロジェクター、21.9%の市場シェアで 世界ナンバーワンの4Kプロジェクターブランドを維持 

 

PMAマーケティングリサーチによると、ビデオとオーディオ製品の世界有数のブランドであるOptomaは、2018年の世界ナンバーワン4Kプロジェクターブランドであり、市場シェアの21.9%を占めた、と発表しました。Optomaは、2018年を通じてチャンピオンの地位を維持してきました。継続的な成功は、4Kプロジェクター市場におけるOptomaのソート・リーダーシップを証明するものです。

「Optomaプロジェクターブランドが世界市場、特に2018年に4Kプロジェクターにより高く認識され続けていることを誇りに思います。」と、Optoma APACの副社長であるGordon Wuは述べています。「Optomaは、4Kが新しい解像度標準になりつつあることを認識し、ホームシアター、デジタルサイネージ、学校教室、オフィスの会議など、さまざまなユーザーの要求を満たすために4Kソリューションを提供しています。今後も、Optomaは4K投影技術のアップグレードを続け、スマート4K業界をリードする方向に向かっていきます。」と、Gordonは続けます。

増え続ける4Kの要求に対処するために、Optomaは、2018年に世界初の音声対応4KプロジェクターであるUHD51A、超小型4K LEDスマートホームシネマプロジェクターであるUHL55、レーザー4K UHDホームシネマプロジェクターであるUHZ65、究極の4K UHDホームシネマプロジェクターであるUHD65を含む4Kプロジェクターモデルシリーズを発表しました。

 

Optomaについて

Optomaは、ビジネス、教育、プロのオーディオ/ビデオ、ホームエンターテイメント用の投影およびオーディオ製品の世界的なリーディングデザイナー兼メーカーです。Optoma は、企業ビジョン、包括的な製品カテゴリ、柔軟なマーケティング戦略に相乗効果をもたらす、献身、プロ意識、効率の経営理念により、お客様とメディアから世界的に認められています。親会社であるCoretronic Groupから垂直統合されたOptomaは、設立以来、投影システムの開発とマーケティングに注力してきました。付加価値チェーンにおける資源配分と管理の完全な能力を備えたOptomaは、投影技術の世界における真の先駆者です。

広範囲の製品範囲には、携帯用、固定設置用、ホームシアター用プロジェクターが含まれます。ビジネス/教育、家庭、モバイル/エンターテイメントを完全に提供することに取り組んでいるOptomaは、ビジネスをより効率的にし、学習をより魅力的にし、人生をより楽しいものにするために尽力しています。Optomaグループは、アジア、欧州、米国に大陸本部を置いています。

この商品についてご質問がある場合は、事前にお問い合わせください。

https://www.optoma.com/jp/contact-optoma/