ZU1050

比較する

ProAVセクター用の超高輝度10,000ルーメンのWUXGAレーザープロジェクター

 

(この製品は日本市場で発売未定ですが海外で注目されています)

 

  • 10,000ルーメン、20,000時間メンテナンスフリーの光源
  • Optoma DuraCoreレーザー技術
  • 高い輝度を維持しながらより広い色域を実現するOptoma MultiColorレーザー技術
  • 360度・縦モード・24時間365日操作をサポート
  • 安定した、長続きする明るさの出力を保障するためのIP6X認定光学エンジン
  • 調光可能な明るさ(20%まで)
  • 優れたビデオ品質を実現するコンテンツ適応型ダイナミックブラック
  • フルHD 3D対応
  • ワープとブレンドを内蔵

ZU1050は、ProAVセクター用の超高輝度10,000ルーメンのWUXGAプロジェクターです。 これは高輝度を維持しながらより広い色域を提供する業界でユニークなマルチカラーレーザー(MCL)技術レーザー光源設計を特徴とします。 ZU1050は、高コントラストで詳細なビジュアルを備えた非常に明るく、鮮やかで正確な色をもたらすのに最適です。あらゆるプロフェッショナルなアプリケーションで壮観な画質を実現します。

ZU1050は、IP6X認定の光学エンジンに封入された20,000時間のランプレスレーザー光源を備えたOptomaのDuraCore技術を採用し、その寿命の間の信頼性と最小限のメンテナンスを保証し、総所有コストを削減します。困難な設置環境に適するように設計されており、ZU1050はTR0.36~5.5から、360度と縦向き投影、24時間365日の操作能力と6つのオプションレンズをサポートします。

Optoma DuraCoreレーザー技術 - より長くより明るく

DuraCore

業界をリードする寿命は、Optomaの新しいDuraCore技術を使って達成されます。最先端のレーザーダイオード冷却技術と革新的な防塵設計、20,000時間の光源寿命の実装します。

気密光学エンジン

ZU1050は、IP6X防塵定格で独自にテストされ、認定されています。卓越した明るさと相まって優れた防塵性は業界トップクラスの耐久性を保証します。 これは、困難な環境での24時間365日のメンテナンスフリーの運用のための最優先事項です。 防塵性は、ICE規格60529に従って独立した実験室でテストされ、IP6X定格気密封止光学エンジンにより認定されています。

クラスにおいてコンパクトなフォームファクタと最低のノイズレベル

その洗練された熱工学のおかげで、ZU1050は10,000 lm範囲のレーザープロジェクター製品の中で最もコンパクトになっています。 これにより、設置時の人件費と設備費を節約できます。10%高い放熱性のため、ZU1050は同じ明るさを維持しながら競合他社よりも生成されるノイズが少なくなります。

サンドイッチ構造

ヒートパイプ、ファン、サーマルフィンを完全に再構成することにより、システム全体でさらに10%放熱が可能になりました。

サーマルフィンのV字構造

個々のフィンに精密にエッチングされたサーマルグルーブにより、システムの放熱性を10%高め、明るさを2%増加させることができます。

素早い起動とシャットダウン

ZU1050は素早い起動とシャットダウンを特徴とし、素早く最大の明るさに達します。最大限の省エネを実現するために、光源を完全に遮断できる「一時停止投影」機能を装備しています。従来のランプベースのプロジェクターとは異なり、レーザー光源は最小限のクールダウン時間ですみます。

総所有コスト

要求の厳しい用途の場合、プロジェクターの総所有コストには購入コストは含まれませんが、メンテナンスとサービスコストが含まれます。ProSceneプロジェクターはほとんどメンテナンスを必要としません。 内部にユーザーが修理できる部品や、定期的な交換が必要なフィルターはありません。その結果、低コストで予測可能なサービスサイクルとなり、計画的な停止時間を最小限に抑えることができます。

究極のカラーパフォーマンス - 明るさと色の間のトレードオフはありません

MultiColor Laser 多色レーザー技術

明るさと色の間には常にトレードオフがあります。 高輝度と正しい色再現は、最良の組み合わせのために微調整を必要とする共依存変数です。 ProAV業界は、色の忠実度が明るさと同じくらい重要であることを要求しているため、OptomaのMC技術は、正確な色再現と並外れた明るさのバランスを非常によく定義しています。

赤色レーザーが光源に組み込まれているので、ZU1050はREC.709で定義されている赤色よりも広い色を生成することができます。 全体的に見て、明るさを犠牲にすることなく、画像はより鮮やかに生き生きしたものになります。

画質

細部が本当に重要であるところでは、フルWUXGA(1920 x 1200)解像度は1080pより15%多いピクセルを提供します。これにより、スケーリングされていないフルHDビデオと追加の詳細を表示できます。OptomaレーザープロジェクターはDLP®マイクロミラー技術を採用しています。これは高コントラストで非常に効率的な明るい画像を提供し、正確な色精度と自然な現実の色再現を維持します。

DLP®技術

Texas Instruments®のDLP®技術は、その比類のない信頼性と長期的な画像性能で広く認識され評価されています。高輝度と本来のコントラスト比と組み合わせると、要求の厳しいアプリケーション向けの選択肢となります。独立したテストにより、DLP®が最も信頼性の高いプロジェクター技術であることが証明されています。他の技術ではわずか数千時間で画質が低下することがありますが、DLP®技術は数十万時間にわたって変化することはありあせん。画像は正確なままで、色は時間が経ってもほとんど劣化しません。

精密光学

高品質の光学素子は、画像全体にわたって最適な鮮明さと焦点の均一性を維持します。妥協のない光学品質により、極めて低いカラーフレアと色収差が実現され、その結果、鮮明で高コントラストの画像が得られます。

設置が簡単・柔軟

360度および縦投影機能

天井や床での再生も含めて、画像は垂直軸に沿って360度全域にわたって投影できます。プロジェクターは、デジタルサイネージなどの用途や高い薄型投影領域用に、縦置きモードにすることもできます。

24時間365日運用

すべてのProSceneプロジェクターは、連続24時間365日の運用向けに設計されています。業界で実績のあるコンポーネントのみが優れた信頼性を保証するために使用されています。

ワープ

すべてのシナリオのニーズに合わせて、4コーナー調整、ピンクッション調整、水平/垂直キーストーン調整を装備します。

カラーマッチング

本プロジェクターにはカラーマッチングシステムがあり、正確な測定値と組み合わせることで毎回シームレスなブレンドを作成できます。

ワープ&エッジブレンディング内蔵

複数ユニットのワープとエッジブレンディング調整のためのユーザーフレンドリーなPCインターフェイズ。 外部の画像処理ボックスを束ねる必要なく、短時間の間に大量の画像を達成することができ、複雑なプロジェクトの場合、予算を削減できます。

慎重に調整されたFWとガンマ調整により、スムーズでシームレスなブレンドを実現します。

AVミュート機能

絶対的な暗さだけが要求される状況では、ZU1050はメカニカルシャッターのように機能する完全なミュート機能を実施することができます。

究極のコントロール

PbPピクチャーバイピクチャー / PiPピクチャーインピクチャー

ZU1050はピクチャーバイピクチャーとピクチャーインピクチャーをサポートしています。2つのデジタルソースからのPbPまたはPiP表示用に、HDMIとDVIポートを介して信号を同時に配信でき、ビデオ会議やその他の共同作業に最適です。

多目的システム統合制御プロトコル

Crestron RoomView、ExtronのIP Link、AMXダイナミックデバイスディスカバリ、PJ-Linkプロトコルが完全にサポートされているため、ZU1050のほぼすべての機能をネットワーク経由で制御でき、どこにいても管理できます。

高度な接続性

3G-SDI

3G-SDI(シリアルデジタルインターフェース)は、2.97Gbit/秒のデータレートでの非圧縮の非暗号化デジタルビデオ信号の伝送に使用されます。ビットレートは100 mまでの1本の同軸ケーブルで1080 p/60 pのフルHDビデオをサポートすることができ、ライブイベントやステージショーでの設定の複雑さを軽減します。

HDBaseT

妥協のない、圧縮されていないフルHDビデオ、オーディオ、ネットワーク、制御コマンドはすべて、信号損失なしで最大100メートル/328フィートまで対応する単一のCATタイプケーブルで配信され、設置は簡単です。HDBaseTは、ケーブル接続の要件を簡素化し、設置の複雑さを軽減して時間とコストを削減します。

3D同期入出力

プロジェクターと3Dシャッターメガネの同期を確実にするために設定された複雑な3Dのプロジェクトに対する柔軟性。

高度な機能

定電力モード

20%から100%までレーザー出力を制御するための100の調整可能なステップがあります。 アプリケーションに必要な場合は、明るさを最大輝度の20%まで減光することができます。

定強度モード

50%から100%まで輝度を制御するための100の調整可能なステップがあります。 輝度を希望のレベルで一定に保つことができます。 巨大な画像を作成するために、複数のプロジェクターを使用する場合に非常に便利な機能です。

レンズメモリ

正確にはこの機能は「レンズシフトメモリ」と呼ばれます。ZU1050は5セットまでレンズシフト位置を記憶することができます。ZU1050は、保存されている位置に取り付けられているレンズを移動します。必要に応じて、ズームとフォーカスを調整する必要があります。

フレーム遅延

ZU1050のポートには3D同期があるため、この機能により、3D同期信号と表示される3D画像を同期させ、3D表示性能を向上させることができます。

レンズオプション

追加情報

ディスプレイ技術

DLP

ネイティブ解像度

輝度

コントラスト

光源

光源の寿命

20,000時間

レンズオプション

A01-0.95-1.22, A02-1.22-1.52, A03-1.52-2.92, A06-1.22-1.53, A13- 2.90-5.50, A15-0.75-0.95, A16-0.36

スローレシオ

ズームタイプ

電動

レンズシフト

入出力コネクター

3G-SDI, HDMI, VGA, DVI-D, HDBaseT, VGA out, HDMI out, USB Power RS232C Wired Remote in, 3D Sync in, 3D Sync out, RJ45 Mini USB (Service)

キーストーン補正

重量(Kg)

外形寸法(幅×奥行×高さ)(mm)

484×509×185(エレベータフットを除く)

縦横比

投影スクリーンサイズ

50" ~ 500"(レンズに依存)

投影距離

0.81 ~ 35.54 m(レンズに依存)

均一性

90%

コンピューターの互換性

WUXGA、HD、UXGA、WXGA、SXGA +、SXGA、XGA、SVGA、VGAサイズ変更、VESA、PC、およびMacintosh互換

ビデオの互換性

PAL (625/576i/p), SECAM, NTSC (525/480i/p), HDTV (720p, 1080i/1080p)

3D互換性

Side-by-Side:1080i50 / 60, 720p50 / 60 Frame-pack: 1080p24, 720p50 / 60 Over-Under: 1080p24, 720p50 / 60

水平スキャンレート

15 – 91kHz

垂直スキャンレート

24 – 85Hz (120Hz for 3D)

表示可能な色

1億7,340万色(10ビット)

騒音値

電源

AC 100V~240V(50/60Hz)

消費電力

945W +/- 15% @110V (Normal Mode) | 480W +/- 15% @110V (Eco Mode) | 910W +/- 15% @220V (Normal Mode) | 470W +/- 15% @220V (Eco Mode)

動作温度

0 ~ 2500 ft, 5 ~ 40°C, 2500 ~ 5000 ft, 5 ~ 35°C, 5000 ~ 10000 ft, 5 ~ 30°C

熱放散

3,224.5 BTU /時(通常モード)

リモコン

赤外線リモコン、有線接続

360度投影

はい

縦投影機能

はい

適合性

CE, TUV-GS, CB

RoHS

RoHS and WEEE

  • ZU1050-01

  • ZU1050-02

  • ZU1050-03

  • ZU1050-04

  • ZU1050-05

  • ZU1050-06

  • ZU1050-IO