Optoma UHD51Aは、台湾経済省より「台湾エクセレンス 銀賞 2019」を受賞しました。
新しいOptoma UHD51Aプロジェクターシリーズは、すべての画像で鮮明なディテールを実現するために新しく開発された4K精密レンズを備えています。 830万画素のフルスクリーンピクセルを持つこのシリーズは、4K UHDに関する消費者技術協会(CTA)の要件を満たし、CTAハイダイナミックレンジ(HDR)互換ディスプレイ規格に準拠しています。 2,400ルーメンと500,000:1のコントラスト比を提供するだけでなく、Rec.2020 / DCI-P3ワイドカラーガマットとの互換性を備えたRGBRGBカラーホイールとHDR10も売り出しています。